シャッターチャンス

シャッターチャンス

手軽に持ち歩くことが出来て高性能のスマートフォンのカメラが登場したことで、写真を撮るという行為自体が一気に身近なものに感じられるようになりましたよね。

加工もしやすくて画質もいいデジカメやスマートフォンのカメラの勢いが強まるのと同時に、ポラロイドカメラなどのアナログなカメラで撮ることのできる温かみのある写真への再評価もされるようになりました。

写真隙の人の中には、自分はデジタルよりもアナログだと主張する人が結構多いんですよね。

撮影者によって同じ被写体でも全く違った写真になってたり、テクニックを駆使することで見るものの記憶に戦列に刻まれる写真の世界は奥深いものですが、初心者でも楽しみながら撮影をするにはどうしたらいいのでしょうか。まず最初からきれいなものを撮ろうと力まないことです。

自分の撮りたいものを撮りたいタイミングでカメラを持ち出すことから始めてみましょう。

シャッターチャンスだという気持ちや写真に対する意欲が普段からあまりわかない人は、目的を持って撮影をするといいですね。

ペットや子供の成長記録を残したい、日々変化していく姿は記憶の中で薄れていくのではっきりした記録を残したいなどの目的があれば楽しみながら上達するはずです。

写真共有SNSにアップロード

撮影した写真は現像して終わりではなく、周りの人に見てもらうようにするのも楽しいですよ。

個人的な楽しみとして行うものもいいことですが、周囲の意外な反応を得ることも面白いですし、もっと撮影をしたい、喜んでほしいというモチベーションの向上にもつながりますよね。

家族や友人などごく身近な人に見せてもいいですし、写真共有SNSにアップロードしてユーザーからお気に入りやいいねをもらうという楽しみ方も現代的です。

電車やバスに乗って旅行に行ったり、どこかにぶらりと立ち寄った際などに、心に残った風景をカメラに収めるようにすると思い出を残すことにもなりますし、風景そのものを楽しめますよね。