デジタルカメラ

デジタルカメラ

フィルムのカメラの時代に比べると、デジタルカメラになってからは気軽に写真を撮ることができるようになりました。

デジタルカメラならその場で撮影した写真を確認することができて、何度も取り直せることも気軽にカメラを利用できる理由の一つだといえるでしょう。

そして携帯電話が登場して、スマートフォンが普及したことによって高画質な写真や動画をすぐに撮影できて、SNSなどに簡単に投稿できるので、写真を撮る機会が増えたという人も多くなっています。

一眼レフやミラーレスといった本格的なカメラがなくても、スマートフォンに搭載されているカメラは高性能になってきています。

カメラの楽しみ方は、テクニックや被写体などを考えないで自分が気になったものをどんどん撮影していくということです。そしてSNS等に投稿をして自分が撮影した写真を多くの人に見てもらうことです。

もちろん個人で楽しむのも間違いではありませんが、SNS等に投稿して、見てくれた人がいいねをくれたりコメントを寄せてくれると、同じ趣味の人と友達になれたりと写真を楽しむ場を増やすことができます。

撮影

見てもらうだけでなく、他の人がとった写真を見ることで刺激を受けることができて、どうやったらきれいに撮影できるだろうなどいろいろと考えながらカメラを使うようになります。

そうやってテクニックを覚えたり、自分が好きな被写体を見つけることによってますます撮影することを楽しめるようになっていくでしょう。

またよい写真がとれるようになってくると、カメラなどの道具にもこだわりたくなってきます。カメラにこだわったり、撮影をするために出かけたりすれば、人生を楽しむことにも繋がります。

始めはスマートフォンに搭載されているカメラでも十分きれいに撮影ができるので、気になったものを撮ってみるとよいのではないでしょうか。

そしてSNS等に投稿投稿してシェアすれば、たくさんの人と交流することができます。